備蓄基地設備と配置

秋田国家石油備蓄基地全体の配置

地中式原油タンクの優れた利点と仕組み

  • 液面が地表面より低いので、油が外へ流出することはありません。
  • 地面の下にあるので、地震の影響をほとんど受けません。
  • 地上部の高さが3.5m、幅が1mのコンクリート製なので、防消火活動その他の作業性にすぐれています。
  • タンクを深くつくることができ、またお互いの距離を短くすることができるので、土地を有効に活用できます。
  • 地中の温度はいつも一定なので、加温などに必要なエネルギー消費が少なくてすみます。
  • 地盤面からの高さが低いので、景観に与える影響が少なくてすみます。
地中式原油タンクのしくみ

秋田国家石油備蓄基地概要

貯油タンク構成

  基数(基) 貯油量(kl/基) タンク内径(m) 高さ(m) 最大液位(m)
西基地 地上式 2 100,000 82.4 22.0 20.2
地上式 2 120,000 83.4 25.0 23.2
地中式 4 305,000 90.0 51.5 48.0
東基地 地中式 8 353,000 97.0 51.5 48.0

主要設備

敷地 西基地 約39ヘクタール
東基地 約71ヘクタール
操油設備 原油ポンプ

3,000kl/時×2台/1,600kl/時×1台

地中タンク払出ポンプ 1,000kl/時×12台
用役設備 蒸気設備 ボイラー蒸発量 2t/時×9基
電気設備 受電設備 33kV 6,000kVA
風力発電設備 1,500kW
計装設備 運転管理システム 集中監視制御装置
安全防災設備 消防自動車 大型化学高所放水車、泡原液搬送車、甲種普通化学消防車等
固定係留施設消火設備 消火ポンプ、泡放水砲×3基
防災船 消防船、オイルフェンス展張船、油回収船、作業船
シーバース 固定係留施設 5万~18万DWTドルフィン
ローディングアーム16B×3基
海底配管30B 900m×2条